【ダイエット】洋ナシ体形からウエストにくびれを作る方法!

ダイエット
この記事は約3分で読めます。

みなさんは洋ナシ体形に悩んでいませんか?
今回は洋ナシ体形となってしまう原因についてと、それを克服してウエストにくびれを作る方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

洋ナシ体型になってしまう原因とオススメのダイエット方法

下半身に脂肪が蓄積されている状態を洋ナシ体型といいます。

文字通り、まるで洋ナシのような体型をしているところがついた名称です。日本人は洋ナシ体型の人が特に多いと言われています。お尻から太ももにかけてボリュームが多くなるのですぐわかります。

骨盤に歪みがあると、洋ナシ体型になる可能性が高くなるといいます。筋肉の力のかかり方や、まっすぐ立った時の姿勢が歪むのは、骨盤のひずみが関係します。

身体に均等に重みがかからなくなったために、偏った場所に脂肪がつきやすくなったり、筋肉が増えにくくなったりします。毎日の筋力トレーニングと、ストレッチ運動を続けることで、骨盤の歪みを効率的に改善することが可能です。

適切なストレッチができれば身体の歪みが元通りの状態になって、脂肪や筋肉の偏りが起こりにくくなります。

ストレッチ運動を行えば全身の血液が巡りやすくなりますので、脂肪が溜まりにくくなり、代謝アップ効果を得ることが可能です。

洋ナシ体型の特徴は、尻の辺りや下半身が冷えていて代謝が乏しいといいますが、それは血液の巡りが良くないためです。

骨盤矯正は、施術費用を支払うことができるならば、確実に体型の改善効果が期待できるダイエット方法てす。ずれている骨盤を正しい状態に治せば血液の巡りもよくなつて、新陳代謝も活発に行われるような身体になります。

洋ナシ体型は見た目がよくないですが、どんなダイエット方法ならスリムなボディになれるかを考えて、目標に設定するといいでしょう。

ウエストのくびれを作るためのダイエット方法

引き締まったウエストに憧れてダイエットをしている人は、腹筋を使う運動を行うといいでしょう。

男女問わず体重が増加してきたときに自分で気がつきやすいのが、おなかのたるみやウエスト周りのお肉です。

ウエストの周囲に脂肪が増えると、ズボンがはきづらくなったり、これまで着ていられたスカートがきつく感じるようになります。

多くの人が、馴染みの服が着づらくなるごとに、ウエストのシェイプアップを志すようになるといいます。体を動かし、腹筋を積極的に動かすことで、ウエストのダイエット効果が得られるといいます。

下腹部のインナーマッスルや、斜腹筋は日々の活動の中で使う機会がないことから、加齢によって衰えやすい筋肉です。

上半身をひねる運動でお腹周りの筋肉を使うなどすることで、ウエストの近くの筋肉を使う機会が得られます。

スポーツジムに通うなどして、腹筋を鍛える方法も良いことですが、ダイエット器具をわざわざ使用しなくても腹筋を鍛えることはできます。

腹筋に力を入れる運動はきつくて難しいという人もいますが、イスに腰掛け、上半身をねじる動作でも、ダイエットをすることができます。

上半身をねじるだけのエクササイズなら、バスタイムでも、テレビを見ながらでもできます。別なことをしながら実行できる運動なら、手間もかからず継続しやすいでしょうから、長く取り組むことが可能です。

ウエストダイエット中の腹筋運動の場合以外でも、筋肉を使った運動をしている時には、使っている筋肉をイメージしながらの運動が、効果が高いようです。

まとめ

今回は、洋ナシ体形の原因の解説から、ウエストにくびれを作る方法についてご紹介させていただきました。
ダイエットと言えば、やはりお腹回りを気にしてダイエットを始める方も多いと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました