【デトックス】デトックスはダイエットに有効?毒素とは?

ダイエット
この記事は約3分で読めます。

みなさんはデトックスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
なんとなくダイエットに有効であると聞いたことはあるけれど、具体的にどういうものか知らないという方も多いと思います。
今回はデトックスについて、毒素との関係を踏まえてご説明します。

スポンサーリンク

デトックスとは

デトックスは、今話題になっているダイエット方法や健康になるための方法の一つでもありますが、もともとはアメリカのセレブ達が流行させたものです。

断食をして体の中の毒素を出すということでヨガ、岩盤浴、ゲルマニウム温浴などを利用して体の毒素を出す方法がデトックスと呼ばれていますが、最近ではデトックスと言えば体の浄化作用のことをすべて含めてデトックスと呼んでいます。

日本で今まで健康やダイエットと言えば体を動かして鍛えたりサプリメントを飲む、体にいい食べ物を食べるといったことが一般的でした。この方法というのは体の中にいいものを与えて、つまり足していくという健康法やダイエット法になるわけですが、そうではなくて、体の中にあるものを外に出して健康になる、ダイエットをするという方法がデトックスと呼ばれる方法です。

この方法というのは2004年ころからブームになって、ヨガやファスティングなどと一緒にブームになりつつあります。もともと西洋医学では体に与えて健康にする、ダイエットを成功させるという方法がとられてきましたがこのデトックスは東洋医学の考え方です。

日本人は昔からもともと一汁一菜といった食事のコンセプトで食べてきましたが、このことが実はデトックスにつながっているとも言われています。最近は欧米化している食生活なために日本人もデトックスが必要になってきました。

デトックスと毒素

デトックスをすれば体の中にある毒素が排出されるとは言いますが、ではどんな成分が体の中の毒素として存在しているのでしょうか。

体の中にある毒素というのは、もともとは食事などから栄養素としてはいってきたものだと思います。これは有害物質だけを残してあとは体に吸収される働きになっています。

有害物質がたまっていくことで、体の中には自然と毒素が増えて行くということになります。からだの中に毒素がたまってしまうと色々と不調が体に出るといわれているのです。

ではこの毒素は具体的にはどんな成分なのかというと、カドミウム、水銀、アルミニウム、亜鉛、ヒ素といった成分がまずあげられます。これらは重金属といって体の中の毒素として知られている成分です。

特に日本人は水銀、ヒ素が体の中にたまりやすいと言われていて、その理由は魚介類をたくさん食べることが原因で、お国柄だと言われています。

有害な成分は食べ物からだけに含まれるというわけではなくて、たとえば農薬に含まれていたり、たばこの煙や、歯の治療で詰めた歯の詰め物などにも含まれていて、自然に体の中へと毒素として蓄積されていくのです。

そこでこの自然にたまっていった毒素をうまく排出していけるデトックスを定期的に行うことで、体の中に害を及ぼすようなことを排除させることができるということになるのです。毒素を輩出して自然治癒をアップさせれば体が正常に動きはじめます。

まとめ

いかがでしたか?今回はなんとなく分かってそうで分かっていなかったデトックスについての説明をさせていただきました。
デトックスについて理解することでダイエットなどに有効活用していただけたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました