【日本で仕事を探す外人必見】外国人が日本で就職する場合の注意点

仕事・就職・転職
この記事は約3分で読めます。

昔と比べ、最近では日本で仕事を探す外国人の方も多いと思います。
今回は、外国人が日本で就職する場合の注意点についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

外国人の就職

日本経済はなかなか景気が回復せず新卒者は就職も困難な時代だと言われています。

日本に住む外国人であっても同じことで、留学生として日本の大学に入学し、卒業後も日本に残って日本で就職したいという学生は多いようですが、就職したいけれど、採用してもらえる会社がないという外国人も少なくありません。

外国人がビザを取り日本へやってきて、何とか就職先を探そうとしている人も大勢います。なかなか就職先を決めることができなかったために、不法滞在状態になってしまった人もいます。

外国人が日本で働くためには、日本での就職先が決定し、就労ピザをもらっているというケースが大半です。

何らかの理由で退職したり解雇された場合は、速やかに国へ戻ることになります。退職や解雇された後も日本で仕事を続けたいという場合は、次の就職先を決めて就労ビザをもらわなければなりません。再就職先がなければ、日本にいることができなくなります。

日本人の場合はハローワークや人材バンクといった仕事をあっせんする機関を活用したり、就職支援を行う人材紹介会社等を通して、再就職先を決めることが多いのです。

ビザが切れる前に、日本語だらけの中で求人を探さなければいけないなど、外国人の就職には苦労が多いといいます。

日本の就職で外国人が陥りやすい失敗

日本で就職活動を行う外国人が、あらかじめ気をつけなければならないポイントがあります。

母国と日本との文化的な違いに関しては、事前に確認しておきましょう。面接の際に、アメリカでは握手を交わしながら挨拶をすることもあるようですが、日本では突拍子もない行為であり、人事担当者は困惑するでしょう。

採用面接では、日本ではイスにどう座るかも見られているといっていいでしょう。外国人がフランクな態度で面接に臨めば、大概は日本での就職が遠のいてしまうでしょう。

ただ、外国人ならではの個性や価値観を見込んで求人を出しているという会社もあります。その会社がどんなスタンスでいるのか、就職活動時にはよく調べておきましょう。

自分に合った会社を選ぶか、あるいは自分が会社に合わせるのだという心意気を持って就職活動に臨んでいただきたいと思います。

基本的に、日本の会社はスーツを着て面接や見学に参加するものです。採用面接や顔合わせの場では、あらたまった服装で問題ないとされている時でも、スーツを着用した方が間違いがないといえるでしょう。

会社毎の価値観にも大きく左右されることではありますが、できれば外国人でもスーツを着た方が、日本ではうまくいくようです。

まとめ

今回は、外国人が日本で就職する際の注意点などをご紹介させていただきました。
日本での就職に向けて、正しい準備をして就職活動のお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました