【仕事】転職と再就職の違いは?転職活動をスムーズに行う対策をご紹介

仕事・就職・転職
この記事は約3分で読めます。

転職と再就職は似た意味に聞こえますが、どのように違うのでしょうか?
今回は、転職と再就職の違いと、転職活動をスムーズに行う対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

再就職と転職との違いについて

転職や再就職という言葉はどちらも、働いていた経験がある人が、別の職場で働き始めることをいいまます。

では再就職と、転職という言葉のニュアンスは差があるでしょうか?厳密な違いはないかもしれませんが、言葉の意味としていうなら、次の仕事を決めてから今の仕事をやめるかどうかです。

再就職というと、一度退職をしてからインターバルがあって、失業期間を経験した後に次の働き口を決めるというものです。

対して転職は、現在の職場を退職する時に、次はどこで働くかがもう決まっている状態です。転職では、失業している期間がほぼありません。仕事をしていない期間が長くなれば、次の仕事が見つかった時は再就職という感覚になります。

再就職のデメリットとしては、離職していた日数が長くなりすぎると採用面接ではその理由が聞かれたり、ネガティブな評価を受けることもあります。また、働いていない時は収入がありませんので、生活していくためには貯蓄が減る一方になって財布が枯渇します。

退職する時には、次の就職先が決まっていたほうが将来への不安もないですし、就職先へ退職時期を伝えていれば入社日の調整ができ、厚生年金や保険証の手続きなども円滑に進みます。

転職活動をスムーズに行う為の対策について

転職を成功させて、これからの自分の生き方をよりよいものにしたいと思っているならば、仕事選びは入念に行うことが欠かせません。しっかり対策を取っておけば、たとえ転職活動が思うように進んでいなかったとしても、必要以上に動揺しなくなります。

自分が出した条件に合致した働き口があれば、非常に嬉しいことです。新しい人を雇い入れたり企業と、求人を探している求職者の情報を集積し、条件の折り合いがつく企業と求職者をあっせんするような企業もあります。

転職エージェントは転職活動に関する相談も受け付けていますので、迷った時などには頼りになる存在です。転職エージェントなら、多くの実績や経験に基づいて、一人一人のニーズに合う仕事探しのサポートをしてもらえます。

転職エージェントのようなサービスを利用には、気になる費用は掛からないことが多く、基本的なサービスは無料で利用できるようになっています。転職活動をする時には、まずは転職エージェントを活用することをおすすめします。

求人に関する情報を集めることが、転職活動をうまくやり遂げるためには必要なことです。転職活動を成功させるには、人材を求めている企業の目的がどこにあるかを把握することです。

中途採用者を雇う時には、企業としてはそれなりの人材を必要としていることが多いので、自身の資格や能力を考慮し、即戦力になることを意識しておきましょう。

まとめ

今回は、転職と再就職の違いと、転職活動をスムーズに行う対策についてご紹介させていただきました。
みなさんも転職してより良い生活を送れるよう、お役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました