【トヨタ・ポルテ】22年式・燃費・車検費用・おすすめポイントまとめ

トレンド
この記事は約4分で読めます。

トヨタポルテ平成22年式 私の愛車はトヨタポルテ2WD130iHDIセレクションです。ポルテはぼちぼち人気車種だと思います。あなたも聞いたことがあると思います。今回はそんなポルテの燃費や乗り心地・車検費用・何がおすすめなのか?まとめました。

スポンサーリンク

【トヨタ・ポルテ】購入。気になる燃費・車検情報などまとめ

平成22年式のポルテは9つのグレードを展開しており、自分にあった1台を見つけることが出来ます。排気量も1300cc、1500ccの2タイプがあり用途に合わせて選ぶことが出来ます。後部座席のドアは、スライド式になっていて後部座席の人も乗り降りがしやすい位、ワイドにオープンします。

助手席も前面に全て倒すと背もたれの後ろ側がテーブル使用となっており、ちょっとした休憩時なんかには、とても重宝します。車内はとても広々とした作りとなっていて、後部座席を完全に倒せば、自転車やスキー、スノーボードなども楽々入るスペースがあり、レジャーや旅行にとてもいい1台です。

なぜポルテを購入したのか?

私がこの車を購入したきっかけは、子供が産まれた事が一番大きい決め手となりました。いままで2ドアの車を乗っていましたが、後部座席に子供を乗せるのにいちいち前の座席を倒して乗せていました。

その時に感じた勝手の悪さから、次買う車は、車内が広くて安全、自動スライドドアの車にしようと決めていました。ミニバンも視野に入れて検討しましたが、子供を乗せて毎日動くのは私とのことが多かったので、動きやすいサイズのポルテサイズの車で検討しました。

他にもスペイドやフリード、シエンタやトールなど色々と見に行きましたが、一番最初に見たポルテが見た目もコロンと丸みを帯びたスタイルが女性らしいと、主人の後押しもあり購入に至りました。

ポルテのおすすすめしたい点は?

トヨタポルテのおすすめポイントは、何といっても広い車内です。4人家族で普段使用していますがとてもゆったりと乗る事ができています。旅行や、ちょっとした遠出をするときでも、多めの荷物を乗せてもスペースが余る程、とても広い車内です。

小さな子供を乗せる事の多いのですが、安全面も優れており、スライドドアの窓が開いている時は、挟まり防止のため、ドアを開けても完全に開くことはなく、3分の2程開くと、自動的に止まります。

子供が手を出していた時など気づかずに開けてしまってハッとする場面がありますが、窓が開いていること全開になる事はなく途中で止まってくれるので安全面でもお勧めの1台です。

改善点としては、後部座席右側にしかドリンクホルダーがないので、左側にも右側同様の物が付いていると嬉しいです。

修理費用・車検費用

購入してから今まで修理と言ったおおがかりな事はしていません。使っていくうちに消耗する部分の交換は細かい部分ですが、何度かしてきました。例えば、エアコンのスウィッチを入れた時、急にキュルキュルキュルと高い音が鳴り響く事があり、修理工場に持ち込んだらエアコンベルトが緩んでいたのでゆるみを解消したら鳴らなくなりました。と言ったような内容でした。

車検時も修理や交換が必要な物に関してはお願いしてきましたが、オイルやエレメント、ブレーキパットやバッテリー交換などほとんどが使っていくうちに消耗していくものの交換でした。

なので、交換するような事がない車検の時は、自賠責保険25830円、重量税24600円、印紙代1700円の諸費用と代行代、検査料と一般的な車検費用で約8万円~9万円でした。

【車検費用】スズキ・ワゴンRを維持費よく乗る方法とは?

まとめ

トヨタのポルテは、男性よりどちらかというと女性向けの車で、小さい子供をもつママには、とても使いやすい車だと思います。軽自動車ではちょっと狭く、ミニバンだと大きすぎるという女性ならではの悩みを解決してくれるサイズ感は、まさに小さな子供をもつママには、もってこいの車です。

子供が中学生や高校生のご家族には、少し狭さを感じてしまうと思うので、子供がまだ手のかかる年齢の子をお持ちのご家族にはいいのではないでしょうか。また、子育てが終わり二人で旅行が趣味のご夫婦にも沢山荷物が積めて、ゆったりと旅行が楽しめるのではないでしょうか。子育て真っ最中のママや、セカンドライフを楽しむご夫婦にとって、とてもいい車です。

タイトルとURLをコピーしました