【車検費用】スズキ・ワゴンRを維持費よく乗る方法とは?

トレンド
この記事は約4分で読めます。

あなたのマイカーの車検費用を抑える方法をこっそり教えます。 私が乗ってる車はスズキのワゴンRです。2018年12月に購入しました。こちらをある方法で簡単に車検費用を押さえることができてますのでぜひ紹介させていただきます。

スポンサーリンク

【あなたのマイカー】車検費用を簡単に安くする方法とは?

購入した目的は、今まで普通車のコンパクトカーに乗っていましたが、自動車税の
税金が新車登録後13年を超えて高くなった事や、ABSの警告灯が点くようになり、
修理代が10万円を超えてしまった事など維持が少々厳しいと思ったからです。

軽自動車であれば、自動車税はもちろん車検の際の重量税が安くなるので維持が
しやすいと思ったからです。なお、軽自動車は13年経過し増額しても大した金額ではありません。

今のワゴンRは、個人売買で購入しましたが格安で購入できた事と、値段の割に不具合が特になく良く走ってくれるので気に入っています。今後も、不具合がなければ車検を継続して乗り続けたいと思います。

【トヨタ・パッソ】おすすめか?徹底レビュー・メリット・燃費まとめ

ワゴンRを購入したきっかけ

今のワゴンRは、個人売買で購入しました。購入価格は7万円という格安で、車検が1年残っていました。個人売買とは、昔は自動車雑誌の個人販売欄がありましたが最近はwebで物件を見つけて交渉し気に入れば購入しています。

きっかけは、今までに乗ってた普通車のホンダのモビリオスパイクの故障でした。
この車は、CVTとABSユニットが経年劣化で調子が悪く、ABSの警告灯が点いて
しまい、修理に10万円はかかると言われたからです。

ワゴンRは、車幅は狭くなりますが室内の高さは必要十分である事と、個人的には、ミッションがマニュアルミッションという所が運転が好きな私にはたまりませんでした。

売り主からは、オートマならすぐ売れるけど、マニュアルじゃ乗れる人がいないよねと悩んでいました。

ワゴンRのおすすめポイント

ワゴンRは、老若男女だれでも知っている車種です。軽自動車の新車販売台数が一位だった事があり、今でも家の周りの駐車場には必ず乗ってる人がいるかもしれません。この車のいい所は、座面の高さによる見晴らしの良さと運転しやすさです。

普通車と比べると、車幅は狭くなりますが室内の高さは必要十分である事であり、最近はウェイクやN-BOXなどスーパーハイトワゴンの軽がいますが、横揺れもさほどではなく、高速は怖くないと思います。

また、個人的には新車でもマニュアルミッションの設定が用意されているという所に運転が好きな私は惹かれています。残念ながらスティングレイにマニュアルミッションはありませんが、ターボ無しの標準車でもよく走ります。

車検費用が安くなった理由とは

ワゴンRの車検費用は、店によりますが6~12万円あたりでしょう。修理費用は、私は乗って半年なので、車検の際にドライブシャフトのブーツを1万5000円で変えたのと、ブレーキパッドとローターで1万円、タイヤ交換に1万5000円かけただけですが、人によってはもっとかかっているかもしれません。

車検については、私は車のコンディションが日々気になる性格であり、異音があれば車を止めて調べてみたりします。そのかいがあってが、上記の交換部品程度で済んでいるのかもしれません。

先日車検に出した時、私と同じ型のワゴンRに乗っている人が車検の受付で見積しているのを見かけましたが、消耗品が多く12万はかかると言われて何でそんなにかかるんだと怒っているひとがいました。自分の車に興味があればもっとおさえられるはずです。

まとめ

ワゴンR自体は、老若男女だれにでもおすすめできる車です。軽自動車でありながらそこそこの広さ、新車でも比較的安い価格、安全装備も充実しており人気グレードであれば売却時に有利になるためいい車だと思います。

また、現行型は初代のようなカクカクした形状に回帰している印象で、昔から見慣れている人には親しみやすい形状だと思います。走行性能については、軽自動車だから大した事ないとも言われますが、街中では必要十分です。

新型はハイブリッドなどあるのでわかりませんが、旧型は構造もシンプルなので車検や修理時の部品代が安くていいですし、自分で整備する分にも不都合はありません(素人で整備する際は、手順などを理解し自己責任で行いましょう)。なので、車が必要だけど何を買おうか迷っている方はワゴンRはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました