【子育て】ママだけでなく家族みんなでしたほうがいい[ストレスをなくす方法]

トレンド
この記事は約4分で読めます。

子育てをなんでも母親任せになっていませんか?できないまたはわからないからといってママばっかりが子育てをしていませんか?また一方で、他人が怖くてママが一人で頑張ろうとしていませんか?こういった考えはやめたほうが良いです。子育ては家族みんなで協力してするのがベストです。今回は経験談から少しお話しする形となりますが、子育てにストレスを感じているのであれば、ぜひ参考にしてださい。

スポンサーリンク

家族みんなで子育てをしたほうがいい

我が家は3世代同居中です。これまでは、私が子育ての中心にいましたが、役割分担をすることで子供に良い影響を与えられるようになったと思います。

例えば、遊ぶ時はおじいちゃん。宿題のことなんて煩いことを言わずにのびのびと子供を遊ばせてくれます。また、おばあちゃんは食事。家庭菜園をしているので、新鮮な野菜をたっぷりと使った食卓を調えてくれます。

「ちゃんと食べないと」という小言は言いますが、それ以外は子供に優しく接してくれます。父親は稼ぎ頭なので、欲しいものがあると父親にきちんと欲しい理由を述べて納得してから買ってもらいます。

単に欲しいという理由では買ってもらえません。そして、私は学校関連全般です。

宿題をさせ、忘れ物がないように留意し、学校で何があったのか訊ねます。それぞれが自分の役割だけをこなすので、スーパー口煩い人はいません。お蔭で子供も、個々の約束をきちんと果たせるようになりました。

以前は全てを母親がこなしていた

それまでは、全部私が担っていました。朝起きた時から、夜寝るまで。
全てにおいて口を出し、手を出していました。でも、自分が仕事を持つようになってからは、目の届かないところが増えてきて、イライラが募るようになったのです。

そうすると、必然的に不機嫌なままに子供達に接することになってしまいます。いつも怒っている母でした。そんな私の小言に子供達は耳を貸さなくなりました。

朝から晩まで怒っているのですから、聞き流してしまうようになるのは当然のこと。
それでは注意する意味がありません。また、私も虚しい子育てに終始してしまいます。
そのことに気付いてから、なんとなく他の家族に頼るようになったのです。

「おじいちゃん、ちょっと子供と遊んでくれる?」「おばあちゃん、今日の子供のお昼ご飯をお願い」「パパ、ゲーム機が欲しいって言ってるけど、どうする?」

こんな会話を交わすようになり、全てが上手くいくようになりました。

子供が自発的になる前に押し付けていた

子供達が自発的にやる前に、手出しや口出しをしてしまうことだと思います。
それは、子供達が気付かせてくれました。

私が何か言うと、「いま、やろうと思っていたのに」「わかってるよ」といつも不機嫌な返事が返ってきたのです。

これでは、毎日の生活はストレスだらけ。私はもちろんのこと、子供達も家にいることが嫌になってしまう心配が否めません。そこで、ある程度のところまでは放っておき、見守るようにしてみました。

そうすることで、的外れな助言をすることもなくなり、意見する側の言葉にしっかりと耳を傾けるようになったのです。予めと思い、先回りをしてあれこれと煩く言ったりやったりしていたことは、実は子供のためにはなっていないことがわかりました。

それではお互いのためによくありません。そのため、我が家では子供のスタートを見守ってから何をしてあげるべきか考えるようにしています。

寛容的になること

ある程度のことは目を瞑ることです。美味しそうなケーキのお土産をもらって大喜び。
そのリアクションを嬉しそうに眺める家族と「直ぐに食べたい」と嬉しさを爆発させている子供を目の前に、「ご飯前だからダメ」と言うのは簡単です。

でも、それでは誰もハッピーになれません。そして、「今日だけ特別」という言葉でケーキをみんなで一緒に食べれば、本当に美味しくいただけます。子育てや毎日の生活にルールは欠かせませんが、例外はあって然るべき。そして、その例外の数はたくさんあっても構わないと思うのです。そうすることで保護者側も子供側も救われ、心が軽くなります。
完璧さを常に求めるのではなく、「概ねこんな感じ」くらいのほうがストレスとは無縁でいられます。

まとめ

幸い、我が家には子供を見守る目がたくさんあるので、これでうまくいっています。
見守る目は少なければ少ないほど、目を光らせていなければならないかもしれません。
でも、目が多ければ誰かが見ていてくれるわけで、それくらいでちょうどいいと考えるようにしています。

さらに、子供自身も多くの目に見守られているという安心感を抱きながら生活をすると心が安定しているように思います。つまり、誰かの目を誤魔化せばいいという発想自体が生まれなくなるのだと感じました。

母親は、特に初めての子育てに関しては神経質になり、より完璧にこなしたいと頑張ってしまいますが、それだけがベストの方法とは限りません。子供も、そして親も健全に過ごせるよう手の余っている人には甘えましょう。

タイトルとURLをコピーしました