【住宅ローンの基礎】金利タイプを考えよう!フラット35とは?

金融
この記事は約3分で読めます。

不動産を購入する場合、ほとんどの方は住宅ローンを組んで購入すると思います。
今回は、住宅ローンの金利タイプはどのような種類があるか?またフラット35についてご紹介します。

スポンサーリンク

住宅ローンの金利のタイプ

住宅ローンの金利のタイプについて紹介したいと思いますが、住宅ローンを選ぶ際に一番悩んでしまうのが住宅ローンの金利ではないでしょうか。

住宅ローンの金利は変動金利もあれば、2年や5年、10年固定されていたり、全期間で固定されている住宅ローンもあります。

住宅ローンの金利のタイプは色々とありますが、どのような形で住宅ローンを返済していくかによって変わってくると思います。

銀行によっては、3年固定で1%以下の金利の方が安いといっているところもあれば、2年固定で1%以下のところで住宅ローンを組んで、それからまた違うところの住宅ローンへ組み替えればいいというところもあります。

どの住宅ローンがいいのか、どこの銀行の話を聞けばいいのか迷ってしまいますが、住宅ローンを選ぶ際には、必ず金利のタイプについてそれぞれきちんと理解をしてから選ぶようにするといいと思います。

これから住宅ローンを借りるという人も、住宅ローンの借り換えを考えている人も、住宅ローンの金利をまず考えたうえで住宅ローンを決めるようにしましょう。

住宅ローンの金利によって今後の返済のトータルの額なども変わってきますから、少しでも賢く住宅ローンを組めるようにしましょう。

住宅ローンのフラット35

住宅ローンの金利タイプで今注目されているのがフラット35です。

住宅ローンというのは、長い期間をかけて返済していきますから、返済終了まで金利が変わらずに返済額が増えることがないという長期固定金利の住宅ローンは安心できますよね。それが住宅ローンのフラット35という商品です。

今までは住宅金融公庫でしかフラット35は組めなかったのですが、民間の金融機関でも5年ほど前からフラット35の住宅ローンを組むことができるようになりました。

何と言っても住宅ローンのフラット35のメリットといえば最長で35年の長い住宅ローンの金利を固定できるという面でしょうか。

トータルでいくら住宅ローンを35年間の間に払い続ければいいのか分からない変動金利に比べると、住宅ローンを組んだ日から35年間金利が変わらないということは、将来トータルでいくら住宅ローンを支払えばよいのかが分かるわけです。

返済のトータルが分かっているだけで将来の住宅ローンの返済計画が立てやすくなりますよね。

将来の住宅ローンの金利アップにおびえることなく、住宅ローンを組むことができるというのが、住宅ローンのフラット35です。

まとめ

今回は、住宅ローンの金利タイプについてと、フラット35についてご紹介させていただきました。
これから住宅ローンを考えている方は是非参考にされてください。

タイトルとURLをコピーしました